少年野球は難楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間力

<<   作成日時 : 2017/11/29 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人間力が足りないんで、「致知」っていう月刊誌をずっと購読しています。
きっかけは、前の監督先生。
数年前に、中学野球部の室内での座学の時に、
「致知」の切り抜きを、選手に配ったんです。
2012年の2月号です。
これが、自分にスッと入って、「致知」っていう書店で販売してない本を
年間購読して5年になります。
なかなか、良い言葉、文章が毎月あるんですが、紹介しきれません。
先月号に、大阪桐蔭の西谷浩一監督の記事があり、
赤線だらけになったんで、是非、皆さんに読んで欲しいし、
選手にも読んで欲しいので、一部紹介します。

http://www.chichi.co.jp/blog/%E6%A1%90%E8%94%AD%E9%AB%98%E6%A0%A1%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E3%81%AE%E5%BF%83%E6%8E%9B%E3%81%91

ps:「致知」とともに年間購読しているのが、
「PHP」これは「生き方」についてのヒントが載っています。

画像



画像


ps:下記は、2012年の2月号の一部です。
’=============
斎藤智也(聖光学院高校野球部監督)

私は選手たちに「前後際断(さいだん)」とか「瞬間燃焼」といった言葉をよく使うんですが、これを教えるのに最適なトレーニングがあります。

もともとは塩沼亮潤先生の大峯千日回峰行からヒントを得たのですが、毎年夏の大会前になると、夜中に地元の吾妻連峰に登り、
懐中電灯と熊除けの鈴を持って暗闇の中を五時間かけて一人ずつ下山させるんです。

山の雄大さ、険しさ、水の清らかさ、この大いなる自然に身を委ねなさいと、満天の星空を眺めるところからスタートする。
山を下りるのも真っ暗闇で怖い。
そこから徐々に日が差して辺りが明るくなってくる。
クライマックスは朝四時半頃。
雲海が飛び込みたくなるような思いに駆られるほど、凄く綺麗なんですよ。
そこから太陽の光が少し差し込んでくる。
で、この時に子供たちの足が止まるんです。
雲海から出てくる太陽を皆、心待ちにしているんですね。
そしてパーッと太陽が出てきた時の、あの凄い感動……。
泣いている子もいます。きっと自分が野球をやっていることの意味を噛み締めたり、夏の大会を間近に控えた怖さと向き合うんでしょうね。
私なりに、お坊さんが瞑想して無の境地に迫ろうとする意味は何かと考えてみると、邪念の塊、雑念の塊、私利私欲の塊、
こうしたものから解放されるためには、邪念、雑念、私利私欲に襲われ続けないと消えていかないことが分かってきました。
だから怖い、負けたらどうしよう、嫌だ、嫌だ……、そうやっていろいろなことを考えながら歩いていく中で、その子の頭は雑念だらけ。

その雑念を、自然が忘れさせてくれるということもあるんですが、でも最後はそこから解き放たれる自分自身を見つけるんですね。
これは勝負の世界でも一緒ですよ。
負ける怖さを骨の髄まで味わい続ける。
だから解き放たれる。

その時、やっと勝負事を天に任せられる状態になって、
夏の大会にさぁ行こうか、潔くやろうぜ、という気持ちになる。
選手たちには勝つも負けるもない。
ただ一瞬一瞬やり切るだけ、という状態になる。

それが、甲子園に行っても


「おまえら、ホントに預けてるの」

「引っ張り込んでるだろ、勝負事を」

「私利私欲の塊集団!」


なんて言いながら試合をやっている時があるんですね。
そういうシーンが多い時は負けが近い時です。

潔く、試合展開にも一切こだわらず、一喜一憂せず、
まさに前後際断、過去も未来もすべて消す。
まさにいまだけ、一途一心、という境地で臨める時は強いです。

夏の大会に入る前にその状態を完成させてしまえば、
後の結果は本当はどちらでもいいんですよね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間力 少年野球は難楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる