少年野球は難楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS 混戦

<<   作成日時 : 2018/06/12 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



中体連の地区予選が終わりました。
上伊那地区では、6チームが南信大会に進めるので、
半分のチームの中3は引退となりました。
我々は、本当に幸せです。
2週間後には、さらにチームが絞り込まれていくことになります。
地区予選6位でも、4位でも有利不利はなく、1日2試合土曜日に勝ったチームが県大会に出場することができます。
上伊那の予選は、僅差のゲーム、1点差ゲームが多かったです。
幸い、県営、市営と隣接した球場での開催だったので、たくさんの試合を覗くことができました。
スコアボードは、ロースコアの僅差の試合ばかりでした。
0−0、1−0、2−1とか3−3とか・・・
どのチームも南信大会に出場できるチーム力があったと思います。
シード校が初戦で敗戦したり、ノーシード校が優勝しました。
試合を見て感じたのは、ピーキング次第です。
大会当日に、チームや投手、打撃をピークに持っていくこと。
そして、調子が悪い中、皆でカバーし合って、守って余分な失点を与えない事が大事です。
諦めずに最少失点で防いでおくと、最後に追い付いたり、逆転できたり・・・
野球は点取り合戦でもあり、ミスを無くす準備次第とも言えます。
困るのは、投手の四死球。
細かく言うと、ボールが多くて守りが長いと、攻撃への集中力や勢いがなくなります。
ベンチも、守備で疲弊して、バタバタして攻撃へのウェートがなくなっています。
先週日曜日に緊張感ある試合を2つできたことは財産、さらに今週末に練習や試合もできます。
この2週間で、中3はさらに成長して、変身します。
意識を高く、目標を持って精進する選手とチームだけが県切符を得ることができることになります。

画像
画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
混戦 少年野球は難楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる