少年野球は難楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS 内野9人

<<   作成日時 : 2018/09/29 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月の頭に行われた、中3のシダックス杯。
我がチームは、善戦及ばず敗戦でしたが、面白いプレーがあったんで紹介します。
自分らの前の試合でのこと。
ロースコアでの特別延長になりました。
先行チームは、1得点。
裏の守りでは、1点取られてなお、無死満塁です。
1点取られたらサヨナラの場面。

なんと、守備のチームは内野9人にしました。
外野手も全てダイヤモンドに入れた守りです。
スクイズやエンドランを防止して、外野に打たれたら諦めるシフト。
さてさて・・どう攻撃するか??

相手の監督さんは、大声で「レフトフライでいいぞ!!」と指示。
その打席、なんとスクイズのサインでした。

でも、打者がストライクを空振り・・・。
と思ったら、捕手が挟殺を焦り、3塁へ悪送球。
サヨナラゲームになりました。

内野9人は、驚きです。
奇襲といえばそれまでですが、相手打者への精神的な揺さぶりもありますし、相手監督へ迷いにも・・。
自分も中3のオフの試合で同様のケースがありました。
その時は、内野7人にして、サードと投手の間にレフトを持って来て、外野を二人にしてみました。
その回は、無得点でしたが・・・
打順が下位だったのと、自軍の投手に力があったのでやった作戦です。

無死満塁は、攻めにくい場面ですよね。

画像



ps:今日は、雨降りだったんで、車のリコール対応に自動車屋さんに出掛けました。
修理が終わって、説明に来た整備士さんが、中学野球部のOB君でした。
歴代の選手の中でも、最高のサウスポー投手だった彼も、今や立派な整備士君でした。
一人のお客さんに挨拶して、丁寧に説明。
雨の中、道路に出て車の誘導してくれました。
仕事中だったんで、あまり話ができなかったけど、土日が仕事で弟君の野球を見に行けてないみたいです。
教え子達が、どんどん立派な社会人になっていて、嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内野9人 少年野球は難楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる