少年野球は難楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS バント処理

<<   作成日時 : 2018/10/25 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



この新人戦でもバント処理ミスがたくさん目に付きました。
自分たちが、バントした打球をミスしてくれたり、一方、自分らがミスしたり。
他校の試合を見ていても、無死1塁からのバントが無死1−2塁になり、
さらに次のバントが無死満塁になったり・・・。
特に、この時期のディフェンスは完成度が低く、バント処理が大量失点につながるケースがあります。
意外と、ノックは多くてもバント処理の時間が少ないチームが多いです。
試合前のシートノックでも、バント処理をしているのは、捕手くらいです。
自分も、内野ノックを担当すると、バント処理をしっかりやってから、ノックに入りますが、
この練習でも、順番に処理させているので、他の野手との連携ができてません。
実際の試合では、捕手が指示したり声を掛け合って、一人が打球処理したら、他の選手が空いたベースの
カバーに動かないといけないのですが、練習をしていないのですから無理ですね。
当たり前のアウトを、確実に取ることで失点が最小に抑えられるのです。
思い切って、バントを先の塁でアウトにする積極性もすごく大事ですが、フィルダースョイスになって
傷口を広げるケースも多くて・・この辺りもチームとして、方向性を示しておくことも大切です。
県大会に出場できます。
モチベーションを高く、練習や練習試合に取り組める幸せを感じ、さらに高みを目指していきます。

画像
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バント処理 少年野球は難楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる