少年野球は難楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS 投手の責任

<<   作成日時 : 2018/11/22 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


1年生大会でのこと。
1年生全員が、試合に出場出来て、投手をしたい選手には投げされてあげたい。
そんな方針で、試合をしながら投手起用を。
「投げたい?」と問います?
答えは、様々。
「投げろと言われたら、投げます」
「投げたいです!」
「投げたいけど・・・悪いイメージしかありません」

ある選手、「投げたい!」という明確な返事にビックリしました。
普段、あまり自分の感情や意見をはっきり言わない選手です。
接戦でしたが、登板です。
投手としての練習不足、経験不足ばかりです。
ブルペンでもストライクが・・・・。
心配ばかりでは、選手は成長しません。
経験値のある選手を登板させて、試合に勝ちに行くか・・??
それとも、失点覚悟で、失点そして負ける可能性は高いけど、選手を成長させる機会を創出するか?
結局、投げたい彼は、登板して、前日は投手ゴロもアウトにできなかったけど、この日は処理出来て・・。
失点したけど、登板して経験を積みました。
失点して、負けて、投手が嫌になるか?
悔しくて、もっと頑張ろうと思うか? それはわかりません。

試合後のミーティング。
「悔しいか?」
「投手は、主役で楽しいし、脚光浴びて嬉しいし、責任があるポジション
 一つ高いマウンドに立つ投手は、皆の信頼を受けないといけない。
 そのために、だれよりも努力して、人間的にも仲間に信用されて、信頼されて・・
 なので、投手を目指す選手、投手候補は、誰よりも練習頑張らないといけない。
 これから、オフになってトレーニングが増えるけど、投手はだれよりも頑張って
 苦しい練習に取り組まないといけないよ!」
野球は、投手で8割決まると言われます。
本当にそうなんです。
だからこそ、投手は喜びも、悔しさもあるし、主役です。
主役を射止め、マウンドにあがる選手は、皆から信頼される選手となって欲しいです。
そのためには、どうするか、どうしないといけないか??

画像
画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
投手の責任 少年野球は難楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる