少年野球は難楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS 球数制限

<<   作成日時 : 2018/12/28 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


監督先生が参加した「新潟野球サミット」。
球数制限が発表されました。
公式戦での球数制限は1試合100球。
投手の故障防止や選手の出場機会を増やすことなどが目的とのこと。
確かに、故障防止の一案ですね。
連投による制限はないそうですが、どうなんでしょう?
賛否が分かれているそうです。
投手の出場機会を増やす事になるし、複数投手の育成が必要になります。
自分は、私学有利になりそうな気がします。
公立校は、複数の好投手が居合わせるケースは少ないです。
育成すれば良いのでしょうが・・現実的ではありません。
一人の好投手が居て、公立校が県大会に出場したり、シードを獲得できることは、良くあります。
ということは、故障と隣り合わせ? なのか。
「やってみないと何も起こらない!」のコメントは印象的です。

画像


新潟県高野連が来年4月末に開幕する春季新潟大会で投手の球数制限を導入することが22日、分かった。
投手の故障防止や選手の出場機会を増やすことなどが目的で、球数が100球に達した投手はそれ以降の回に登板できない。
全国の都道府県高野連に先駆け、公式戦では初めての取り組みとなる。今後は決定事項として日本高野連に報告される。
突然の発表だった。新潟市内で開催された「NIIGATA野球サミット2018」の中で、杵鞭(きねむち)義孝専務理事が「独自の取り組みとして、来春の大会で球数制限を導入する。
やってみないと何も起こらない」と明かした。
 高校球界では投球過多が問題視されてきた。日本高野連は今春の選抜大会からタイブレークを採用。新潟県高野連の独自案は、さらに踏み込んだものといえた
球数制限は1試合100球。連投による制限はないが、100球に達した場合、それ以降の回では投球できない。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
球数制限 少年野球は難楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる