少年野球は難楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS 弱さをさらけだす勇気

<<   作成日時 : 2019/01/03 18:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


今日は読書です。

以下、抜粋。


自分の「弱さ」と向き合えば、僕たちはもっと成長していけると思います。
自分の弱さと向き合うときに、注意してほしいことがひとつあります。
それは、他人と自分を比べないことです。

「あの人みたいに強くなりたいな」と思える身近な人を目標にして頑張るのはいいけれど、その人と比べて「自分はダメだ」なんて思ってはダメ。
とくに、まわりから高く評価されている人たちと自分を比べてはいけません。
スポーツや勉強が常にトップの子、仕事が抜群にできていつもほめられたり表彰されたりしているような人たちは、華やかな“表サイド”ばかり目に入るため、「こんなにすごい人がいるのに、自分はダメだ…」と、どうしても比べてしまいがち。
自分のやったことがみんなに注目されないと頑張った感覚が持てない、という人もいるでしょう。
また、うまくいっていたときの自分と比較して、いまの自分を否定したくなってしまうこともあるでしょう。
もう、それはやめませんか?

弱さをさらけ出せる人は、実は強い人だ。
逆に、弱さをさらけだせずに、強がっている人は、本当は弱い人。
強がっている人は、「虚勢をはる」「ツッパる」「背伸びをする」「カラ威張りする」「見栄をはる」人だ。
自分の弱さをさらけだせる人は、たとえば、自分の失敗をネタにできるような人だ。
失敗を隠さずに、それをネタにして笑いをとるような人。
失敗を隠す人は、見栄をはる人。
弱さをさらけだす勇気を持ちたい。
周囲の評価とは関係なく、みんな一所懸命に頑張っている。
そこは平等なんだという意識でいるほうが、自分自身の心の状態を、より正確にとらえることができるようになるはずです。
成績がいい、何かの賞を獲(と)った、社会的に高いポジションにいる、といった人たちだけが「強い人、成功者」なのでしょうか。
僕は、そうは思いません。

画像






弱さをさらけだす勇気 [ 松岡 修造 ]
楽天ブックス
松岡 修造 講談社ヨワサヲサラケダスユウキ マツオカ シュウゾウ 発行年月:2018年06月27日


楽天市場



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
弱さをさらけだす勇気 少年野球は難楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる