ミスをカバー


中部日本伊那予選決勝です。
今日も公式戦ができることに感謝です。
中3の公式戦、3つの大会の中で、多くのチームが昨日敗退して、中体連を残すのみになる中、
我々は今日も試合ができます。
これからは、公式戦を何試合できるか? ってことが重要です。
どこのチームも、必ずどこかで敗退したり、終わりはあるのです。

さて、今日の決勝、強豪校との対戦でしたが、本当に何とか勝ち上がりできました。
走塁で多くのミスが出ました。
相手チームの捕手が良い事を伝えましたが・・・二次リードが大きくてアウト。
これが2回もあって・・・。
無死2塁から、バントのサインで走者が走り出すんです。これも憤死。
ホームの踏み忘れもありました。
どうも、本当にお調子者が多くて、手綱さばきが大変です。

守備のミスもありました。
ファールフライの落球。
そして、最終回に外野のバンザイです。
試合後に、「勝利してないのに、万歳しやがって」とイジリました。
これだけミスがあっても勝てたのは・・・
「勝ちに不思議な勝ちあり」ってことでしょうか?

安打が8本出たからですね。
相手は良い投手なんですが、相性がいいみたいです。
なかなか、安打が出ないチームですが、今日は良く打ちました。
走者が居るところで、長打が出ためぐりあわせもありました。
これで、2週後の南信大会に出場できます。
本当に幸せな事です。
他の多くのチームが敗戦する中、伊那の代表になりました。
一日でも長く、中3生と野球を楽しみたいですね。
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック