ヒント探し



高校野球の春季大会を数試合見たんですが・・
チームによっては、本当に走者のリードが小さくて驚きました。
1mや2mの選手も居ました。
投手も捕手も盗塁の警戒の必要がありません。
かといって、2次リードが大きいかというと、そうでもないし・・。
流行なんですかね?
あるチームは、小さなリードから普通の盗塁してアウトになってたり。
スクイズも、3走のスタートが早すぎて、2つウエストされてました。
1死3塁のセーフティースクイズも、1塁手が結構前目に守っていたうえに、
打者の構えが早すぎて、1塁手がダッシュしてアウト。
気になる走塁がたくさんあって、ビックリです。

どんな戦術なのか、サインなのか、サインミスなのか?
プレーのミスなのか?知る由もなくて、全てが想像の世界ではあるのですが、
細かなプレーをする割に、雑なプレーが多くてビックリしました。

知り合いの高校野球の顧問の先生と1試合観戦しながら意見交換。
配球、シフト、戦術、戦力、書けないことばかりですが、今の高校野球の流行りや高校別の傾向や対策など聞くと、
高校野球観戦がどんどん楽しくなります。
高校野球が終わったOB選手には、試合を見ながら練習方法や指導内容、戦術も聞いたりしてお勉強。
中学の野球に取り入れられる事、プレーなどのヒント探しです。
画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック