戦い方


中1と監督さんは天皇杯のサポート。
ということで、自分が指揮を・・・。
先週の2連敗から、どうやって立て直すかが自分のテーマ
走塁の積極性、元気を出して楽しむことを試合前に徹底。
そして、何より勝つ気持ち。
そのためには、自分が勝つための采配をすること。
勝つための選手起用をすること。
16人の中2が居るために、1試合目に出る選手、2試合目に出る選手と固定していると、
選手自身が試合に気持ちが入りません。
2試合とも、沢山の選手を出場させて、全員で勝利を目指す。
これを、指揮官が姿勢を見せないと選手は付いてきません。
平等の出場機会を与えるなんて所詮無理なんです。
がんばっている選手、努力仕手いる選手、調子のよい選手をピックアップしながら、
期待している選手も織り交ぜながら。
エラーは叱らず、ボーンヘッドはトコトン叱る。
自分自身が試合に入って行くことで、選手も必死になるんですね。
本気は伝わります。
後は、選手とのコミュニケーション。
ミスした後、交代した後、自分の采配ミスは素直に選手に謝って。
叱ったり、笑ったり、大声出したりで、1勝1敗でした。
負けた試合も1-6でしたが、全然、楽しくゲームできたのが良かったです。

ps:伊那に昼過ぎに戻ったんで、天皇杯を観戦です。
明日は、ビール飲みながら観戦しようかな?

IMG_4326.JPG


DSC_0716.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント