フォーム修正


土曜日の練習試合でのこと。
「あれ? この選手、トップが綺麗になったな?」
と思ったんです。
良く良く思い出したら、何回か彼にフォームのアドバイスをしたんです。
トップのグリップの位置が肩より高かったのと体から離れていたんです。
グリップが高すぎると、どうしてもスイングがダウンスイングになっちゃいます。
それは、理論的もわかる話。
トップの時にグリップがが体から離れていると、強いスイングが難しいし、
バットを思った場所にコントロールできないんです。
これを、何度か彼に伝えてました。
それだけを気を付ける事。
それを直すには、鏡やガラスに自分のフォームを映してチェックすることも伝えた気がします。
どうも、直して来たみたいです。
打席に入った雰囲気が違って、自然にバットが出そうなトップになってました。
それが原因かは不明ですが、1試合目にスタメン起用してて、1打席目にヒットが出ました。
早速、次の回の攻撃時にベンチのミーティングで、皆に彼のトップの位置を紹介しました。
スイングを一律に固定化するつもりは毛頭ありませんが、悪い部分は指摘します。
スムースに、力強く、バットが出ればそれでいいのです。
スイングって、簡単に直せる分、固定化できないんです。
良いときのフォームを忘れたり、新しく気づきや工夫を取り込むと、違う場所でバランスが崩れたり・・・。
でも、彼がアドバイスを受け入れて、短期間で修正したことは感動です。
うまく、結果が出ると本当に取り入れたり、記憶に残るかもしれません。

IMG_4321.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント