内野ノック


自分、内野ノックするときはランダムに打ちます。
通常は、3塁、遊撃、2塁、1塁と順に打って
その後、ダブルプレー、って流れが一般的です。
でも、チームの内野手が多くて、1ポジションに複数人居るんです。
そこで、一人づつ打つと、他の選手は待つだけ。
なので、投手も守らせて、無死1塁で野手の間に打ちます。
すると、最低2人は動いてボールを取りにいったり、カバーしたり。
ゲッツーもしかり。
3塁、遊撃にゲッツーってやると、2塁手なんて楽して、ベースに付いています。
実際のゲームでは、ギリギリにベースに入って、動きながら捕球して送球なんです。
リアル感も出したいし、遊ぶ選手、待つ選手を少なくしたいので、ランダムに打球方向を変えます。
1-2塁間に打って、ゲッツーしようとしたら、投手も1塁へベースカバーに走らないと・・・。
これが実際のゲームに役立つノックです。
1塁手も、ベースにこだわって、体を精一杯伸ばして捕球するように指導。
とにかく、試合に役立つ、試合のための守備練習にしたいです。
捕球時にファンブルすると、諦めて投げない選手も多くいます。
そんな選手は一喝。
試合では、ファンブルは当たり前、
落ちたボールを必死に拾って、送球するのが、一番の練習になるんです。
どうも、形式的な内野ノックばかりやってきた選手を鍛えないと・・。
球際に強く、ギリギリのプレーに強く、諦めず、泥臭く守れる選手やチームを目指しています。
内野ノックを受ける選手が多いのは良い事です。
レギュラー狙ったり、出場機会を求めて外野に勝手にコンバートしたりする選手が例年多いのですが、
内野手が外野を守るのは容易ですが、外野手から内野へのコンバートは難しいのです。
小中学校の選手は、まずは内野を守れるように練習しておきたいですね。

IMG_4364.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント