左で打っていいですか?


日曜日の交流戦。
一人の選手が、
「左で打っていいですか?」って聞いてきました。
彼は、左右打ちができるんです。
でも、ずっと1年くらいは試合では右打者。
新人戦も序盤は、結構打ったりしてて打順も1番に固定されてました。
新人戦の後半あたりから、ヒットがほとんど出てない気がしてます。
まあ、他にも同様の選手は居るんですが・・。
頑張って練習して、試行錯誤しながらも結果が出なくて悩んだんでしょう。
他の選手の選択肢には無い、左打席に立つというアイデアが出たんでしょう。
「いいよ。」とは言いました。
内心は、「練習もしてないのに、打てるわけない」と思いながら。
その打席は、初球のカーブをバットに当てて、内野ゴロだったかな?
次の打席でも、また左に立ちました。
投手が変わって、球速も上がったので、ますます打てないだろう・・・って思ってたら
ライト前にヒットが出ちゃいました。
こうなると困りますね。
これからどうするんでしょう?
『二兎を追う者は一兎をも得』ってよく言います。
 二羽の兎を同時に捕まえようとする者は、結局は一羽も捕まえられないということわざ。
 二つの物事を欲ばってどちらも失敗したり、中途半端に終わるものである。
2年に一人くらい、中2秋に、左打ちに浮気する選手が居ます。
大体、切り換えが遅くて3年春に間に合わなくて、右に戻す選手が多いかな~。
オフは、ティーやペッパーしかしないので、左でも打てるんですが、
やはり実戦の投手になると変化やスピード、バントなど、経験値が少なくて苦労します。
付け焼刃の左打は、バットを出すのに、体が開くんで外の変化に弱く、流し打ちもできません。
左でのスイング数も少ないので、右に比べて飛距離が出なくて・・・などなど、色々が難しい。
効き目が右なら左打ちが良いとか、昔は言いましたが、今は構えをオープンにすれば
問題ないという意見が主流になってきました。
IMG_5266.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント