教える事の難しさ


中高交流で教えてもらったメニューを実践。
中2は教えてもらったメニューを中1に伝えてもらいました。
テニスボールを使った、ゴロ捕球。
ショートバウンド捕球。
そしてグローブを使ったハンドリング。
どれも、基本的な守備メニューですが、ゴロ捕球やハンドリング技術を
習慣化するのには、良いメニューです。
自分自身は中高交流でフラフラしてたんで、メニューの全てを見てないんです。
中2に説明してもらい、僕が補足する形で進めてみました。
教えてもらったことを、伝える事は難しそうです。
指導するって、難しいんですが見本を見せて、言葉で補足することが大事です。
捕球技術、バウンドを合わせること、ショートバウンドでの合わせやハンドリング、
良い練習になります。
ノックを受けているより基本が身に付きます。
今日は守備練習を中心に、ペッパーして、最後はミニゲーム。

ps:朝、朝礼が始まる前に、集合させて、自分も勉強したことを選手にフィードバック。
先週、ペップトークの講演会で学んだこと、気付いたこと。
ポジティブトークの大切さ、言葉掛けの重要性。
言葉によって力の強さやパフォーマンスが上がったり下がったりすることも
体験させて、言葉掛けの練習に朝礼をしていることも伝えます。
朝礼のハッピースパイラルの意味や意義も伝えました。
練習後に反省を促すミーティングよりも、事前に目的や意義を説明するスタイルが大切。

IMG_6007.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント