脱力


最近、野球のコアな部分の話題を書いてない気がします。
ということで、バッティングについて。
今年のオフの練習では、打撃練習でロングティーを少なめにして、
ハーフ打撃を多くしてみました。
簡単に言うと、横からティーアップしたボールを打つのではなくて、
正面から投手が投げるボールを打つ様にしました。
バッティングの大きな要素に、タイミングってあるんですが、やはり正対する投手からの投球に合わせてバットを振ることが大事だし、
一番の練習になるはずです。
ロングティーだと、以前書いたんですが、ボールの落ち際を拾う、アッパースイングも目立ち、タイミング遅れの癖が付くからです。
正面、の近い所からゆっくり投球するんですが、危険防止のために投手に防球ネットを立てて行ったりしてました。
投手も交代で投球するんで、効率は悪いですが、効果は大きいと思ってます。
さて、ゆっくりした投球をしっかり打つ練習で気になった事。
それは、準備の動作の脱力です。
選手に良く伝えるんですが、投球も打撃もインパクトやリリースの時だけ、力を入れる事が大事なんです。
それまでの準備動作(テイクバック)は、力を抜いてリラックスしておかないと、調整(アジャスト)しにくいのと、
インパクトでの力のパワーがMAXにならないのです。
バットスイングでは、インパクトの所でヘッドが走って、スイングスピードがMAXになるようにスイングしたい。
その為には、脱力が凄く重要です。
試合中も、構えやテイクバックにリキミがちの選手には、構えの力を抜く様にアクションして伝えたりしています。
構えやトップ、そしてテイクバックは型にはまらない様に、ゆったり を意識してみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント