トーナメントの怖さ



夏季高校野球をバーチャルで観戦したりビデオで見たりしたんですが、、高校野球はあまり変わってません。
トーナメントだったり大会初戦だったりすることもあるのでしょうが、バントが多かったです。
競った試合だと、送りバントが出ますね。
強豪私立だったりすると、無死1塁でも打て打てだったりします。
私学の打線は公立校と比べると、打率も高いし打球も速いので、統計的にも強打させた方が得点率は高いのかもしれません。
一方、公立校は打線が弱く、強攻してダブルプレーや三振、フライなどのリスクを勘案すると、送りなのかもしれません。
MLBやNPBの野球が2番打者に強打者を置いて、攻撃的な野球を展開してますが、トーナメントの学生野球はまだまだ、試合の進め方や攻撃パターンは変わらないのかもしれません。
野球は、確率重視のスポーツ。
今回の長野県の高校野球を見ていると、まだまだ2番打者には小柄な打者が居ます。
2番セカンド・・・とか、そして競った場面では送ってクリンナップに期待です。
今年は、意外とセーフティースクイズを見ません。
1死1-3塁とかで、一時は流行した1塁側へのバントは、対策が取られて成功率が下がったのかな?
1死3塁でのランニングスクイズも少なく、強攻しているケースが目立ちます。
上伊那チーム中心で観戦数が少なくて、なんとも傾向掴むところまで行ってません。
優勝は、松商、長聖、上西あたりが順当かと思ってましたが、飯山が決勝まで行きましたね。
そして優勝は長聖でした。
OB選手が居る長聖。
昨秋から久々の夏の甲子園応援を楽しみにしてましたが、幻の甲子園球児となりました。
甲子園に行った兄ちゃんを追いかけて、長聖に入学したんですが、故障もあって心配でしたが昨秋そして今大会も出番があって活躍してました。
今日は仕事だったんで、決勝戦はビデオ早送りでチェック。
ガリガリ君は、チャンスでタイムリーを打って優勝に貢献してました。
準決勝まではポテンヒットなどの怪しい安打で打率を稼いでましたが今日はちゃんとしたヒットでしたね。

ps:そういえば、昨日試合終りに、AKB(ALL上伊那)の様子を見に行ったんです。
カリスマK先生が、いらっしゃって自分にDVDを3枚もプレゼントしてくれました。
今年や昨年の長野県夏予選のDVDです。
お盆休みの楽しみが増えました。
DSC_1681.JPG



https://41702858.at.webry.info/201911/article_19.html


https://41702858.at.webry.info/201208/article_10.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント