丸の走塁


昨日、久々に早めに帰宅できたので、プロ野球をTV観戦できました。
といっても、ジャイアンツの8回表の攻撃からです。
無死1-3塁、1走坂本、3走が丸、打者が岡本の場面でした。
得点は3-2で巨人リードです。
阪神の守備体形は、中間守備です。
この場合、守備はどう守るのでしょう?
狙いは、本塁突入を阻止しながらダブルプレー狙い。
一方、攻撃の3走の動きは?
凄く良い場面で、勉強になります。
この場面、岡本はサードゴロでした。
3走の丸は、本塁突入です。
そして、本塁憤死しないように挟殺されます。
しかも、何度か刺殺のタッチをされないように、上手く距離を保ちながら逃げて走塁。
狙いは、タッチされて刺殺された時に、1走の坂本が3塁に到達できるように。
時間を稼いで、三本間の送球を多くしてます。
坂本も、丸の逃げる場所を確認しながら3塁ベースに近付いてました。
結果、丸の好走塁があって1死2-3塁が整いました。
その後、相手のミスや安打で4得点。
この丸の好走塁は、スコアブック上や個人成績に記録されませんが、ファインプレーです。
相手もプロ選手、キャンプで挟殺練習して、1発で刺殺する練習したり、2走が3塁前に来た時に送球して二人をアウトにする練習を積んでいるはずです。
こんな玄人好みのプレーを、中高生は見て勉強してほしいものです。

ps:中体連でも挟殺された場面が何度かありました。
この時、本当に最後まで諦めないで逃げていたら、相手のミスがあってオールセーフになってチャンス拡大。
とにかく、最後まで諦めないこと。
アウトになりそうで、タッチされるときでも、普通にアウトにならないように、かがんで逃げたり、スライディングしたり・・・
タッチする方が、無理な態勢になるとグラブからボールがこぼれることもあるんです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント