良いチーム

昨日の練習試合は良いチームとできました。 5年ぶりくらいかな? 練習試合した記憶があります。 確か今の大学1年の学年が練習試合して、フェンスオーバーしたので覚えてます。 グランドの到着すると、相手チームの練習がアップを中断して挨拶してくれました。 その後、先生と会話しながら練習の様子を見てましたが、良いアップとキャッ…
コメント:0

続きを読むread more

全員出場

昨日の公式戦敗退によって、練習試合の内容が変化してます。 もし南信大会出場が決まっていたら、次の上の大会に向けて・・・となりますが、 リセットされたことで、長い目で見ることができます。 目先に追われることなく、試合を通じて多くの選手に経験やチャンスを与えて、全員の意識を高くしたり、競争心を作って向上心を高めたり。 中1世代は…
コメント:0

続きを読むread more

継投ミス

全日本伊那予選、初戦敗退です。 結果論ですが、私の継投ミスです。 100球ルールも言い訳になりません。 ブルペンで投げてない疲れもある、捕手に継投してしまったのは結果的にミス。 6裏で逆転されました。 初戦突破が大変な組み合わせでしたが、なんとか勝って2試合やりたかった。 2試合やって、2年生を全員出場させたかったけ…
コメント:0

続きを読むread more

考える野球2

遠藤友彦(エントモ)さんの著書が久々に発刊です。 最近、野球の座学をしてないので、エントモさんから野球のお勉強。 YouTubeばかり見ててもダメですから。 3年前くらいに、エントモさんに上伊那にきていただき、講演、そして会食などをしたんですが、 月\5000のエントモ会には入会できず、メルマガだけを読んでます。 …
コメント:0

続きを読むread more

70球

週末の全日本の要綱が送られてきました。 やはり球数制限が始まります。 なんと70球。 これは厳しい。1試合1人で投げ切ることが難しいかもです。 7イニングあるので、1イニング10球平均です。 制球難の投手は5イニングが限界でしょう。 1日2試合ある、軟連の大会ではイニング制限がありましたがイニング制限より厳しい制限。 カ…
コメント:0

続きを読むread more

難問

昨夜、教え子君からLINEが・・・。 今シーズンNPBで菅野をはじめ、日ハム有原、上沢ホークス東浜、楽天則本、今永、大瀬良の球のキレがデータで見てもずば抜けているようですが ドラ1の奥川、佐々木をはじめみんな、中学で軟式出身というデータがでており、その統計を自分の大学院の友達が調べていました! どうして、軟式出身の投手は球…
コメント:0

続きを読むread more

慰労会

土曜の夜は中3との区切りの会。 中体連が終って、上伊那で準優勝できて部活引退です。 この日の昼には、中2と試合してその後に、部室や部庫の掃除をしました。 自分は中体連後も毎週の様に、中3に会って練習しているし今後もするであろうけど、全員が参加するわけではありません。 保護者の皆さん、役員の方々の慰労会も兼ねていま…
コメント:0

続きを読むread more

相手ベンチ

土曜日のOB戦。 中2vs中3の試合です。 集合した中3を集めてお願いしたのは、 来週、中2が大会であること、試合は勿論、試合前の準備も模範となる様にお願いしました。 アップやキャッチボール、ノックまで、中3は自分たちでできちゃいます。 オーダーも打順も、サインも自分たちで決めて運用できます。 今月の行われた…
コメント:0

続きを読むread more

久々のボール回し

守備の基本のボール回し。 捕って投げる、基本動作。 投げるために捕る大切さ、さらに悪送球に備えてカバーリングも大切になります。 カバーリングって近すぎるとカバーになりません。 距離をとって、備えておかないと。 ダイヤモンドを2つ作って、中1と中2でそれぞれボール回し。 同時に開始して、10周の競争です。 遅い方はちょっ…
コメント:0

続きを読むread more

支援

今日は中3球児と中3保護者の皆さんで作業です。 例年は中体連で敗退した日に、中3のみで部室や部庫の掃除をしてましたが、昨年は敗退日の当日にできず。 今年は、春先の休部などの影響で保護者のグランド整備ができず、今回同時に実施です。 せっかく中3が集まるのもあって、卒部の記念品の贈呈を行い さらに中2との試合もできました。 来…
コメント:0

続きを読むread more

100球制限

この秋の大会から、球数制限が適用されそうです。 秋と言いつつ、今月の全日本、されに中体連の新人戦から。 軟式野球連盟の大会は、1日7イニングのイニング制限がありました。 中体連はイニング制限なし、その結果、先日の中体連で16イニングの連投投手、おそらく200球オーバーの投手が発生しました。 素晴しい投手ですが、素晴し…
コメント:0

続きを読むread more

悔しい

高3球児の代替試合の相手をしてくださったのは、クラブチームの皆さんです。 40歳以上のマスターズ野球の目指したり、若いメンバーも居て毎週末、練習もされているチーム。 主軸は長打力はあるし、細かい野球もできます。 この日、3失点しましたが、すべて1死3塁から叩きのセーフティーエンドランでした。 低めの投球を上から叩いて…
コメント:0

続きを読むread more

ラン&ヒット

先日の練習でケース打撃として、ラン&ヒットをやりました。 我々が目指すのはグリーンライトの野球なので、走者が勝手に走って、ラン&ヒットのケースが多くなります。 走者が勝手にスタートして、打者は好球必打です。 するとラン&ヒットに形になります。 ポイントは、走者は打者の打つ、打たないの場面を見る事と打った時の打球を見る…
コメント:0

続きを読むread more

三塁コーチ

高3の試合は、監督としてベンチに入りましたが、何もすることがありません。 サインも無いし、オーダーや交代は選手が決めます。 自分は道具の運送係で、高3に近況や進路をヒアリングする野次馬親父です。 相手チームは監督さんが三塁コーチでブロックサインを出していたので、自分も三塁コーチをすることに。 選手にアドバイスしたり、相手投手を…
コメント:0

続きを読むread more

白色のスパイク

10日から兵庫県西宮市で開かれている「2020年甲子園高校野球交流試合」で、高校球児たちの足元に「異変」が起きている。白色のスパイクを履く選手が増えているのだ。従来のルールで認められていたスパイクの色は黒色の一色だけだったが、今年3月から熱中症対策として白色が“解禁”された。白色は黒色よりも温度が下がるとの実験結果も出ており、使用する選…
コメント:0

続きを読むread more

硬式練習

昨日は、中3と高3の交流試合。 試合の前には合同練習を企画しました。 シーズンが終わったばかりの中3は、まだ硬式への移行が始まってません。 この日、初めてアップ後に硬式球でのキャッチボール、そしてペッパー。 その後は、高校生に一緒に入ってもらって、硬式球での内野ノックです。 ボールへの入り方、弾まない硬式球の捕球動作など、…
コメント:0

続きを読むread more

代替試合

今年は伊那市の市民体育祭も中止です。 例年なら引退した高3が集まって、市民体育祭に出場して再会するのですが、今年は叶わず。 そこで、高3の保護者の方が高3の試合を企画してくれました。 13名のOB選手が集まり試合ができました。 しかも、伊那スタ。 お久しぶりメンバーばかりです。 色々、今月の代替大会の様子をいじったり、進…
コメント:0

続きを読むread more

代替試合

今年は伊那市の市民体育祭も中止です。 例年なら引退した高3が集まって、市民体育祭に出場して再会するのですが、今年は叶わず。 そこで、高3の保護者の方が高3の試合を企画してくれました。 13名のOB選手が集まり試合ができました。 しかも、伊那スタ。 お久しぶりメンバーばかりです。 色々、今月の代替大会の様子をいじったり、進…
コメント:0

続きを読むread more

投手やります

自分、中1選手の事がわかっているようでわかってません。 小学生時代に、どこのポジションを中心にやっていたのか? 体験に来た時も聞いたのかもしれませんし、ちょくちょく会話しているのでしょうが、忘れています。 内野も外野もやっていた選手、「どっちに入ればいいですか?」とか、聞かれるとバランス見て振り分けたり・・。 本当は、まずは…
コメント:0

続きを読むread more

デジタル化

自分の役割は走塁。 いかにチームの機動力を上げるか? 個々の機動力と走塁の野球脳、そして経験値を上げるか? 新チームの機動力のベースを把握。 野球の盗塁は単純な50m走とは違います。 投手のモーションを見てのスタート、タイミング、癖を見抜く技術。 そしてスライディングでのスピードなどなど。 ということで、2盗のタイムを…
コメント:0

続きを読むread more

「さ?いこー」

中体連の当日、ベンチ入りメンバーと共に、練習会場で練習。 気合が入りまくった、主将はキャッチボールの時に・・・「さ~いこーぜー!」の掛け声。 自分 「どこ行くの?」 意外と、他の選手にはうけました。 今時、珍しい掛け声です。 でも、自分らの高校時代は、練習中ずっと「さ~いこーぜー!」って声を出し続けてました。 キャッチボ…
コメント:0

続きを読むread more

積極性

日曜日の練習試合後、審判講習会を聞くことができました。 相手チームが軟連の審判さんを招待して、審判講習会を企画されてて、我々も聞かせていただいたということです。 この軟連の審判さんですが、昨年長野県で行われた天皇杯っていう、軟式野球の最高峰の全国大会の決勝の主審をされた方です。 長野県軟連の技術指導をされている、県No1…
コメント:0

続きを読むread more

トーナメントの怖さ

夏季高校野球をバーチャルで観戦したりビデオで見たりしたんですが、、高校野球はあまり変わってません。 トーナメントだったり大会初戦だったりすることもあるのでしょうが、バントが多かったです。 競った試合だと、送りバントが出ますね。 強豪私立だったりすると、無死1塁でも打て打てだったりします。 私学の打線は公立校と比べ…
コメント:0

続きを読むread more

グリーンライト

今日のテーマは、グリーンライト。 この時期、積極走塁も練習したいです。 チャレンジしてアウトにならないと、リードやスタートが良いか悪いかわかりません。 相手投手が良いと、出塁すらできません。 例年の様に、練習試合も沢山組めない時期だからこそ、密度の高い練習試合にしたいのです。 アウトになってもOKという、チームの約束を作っ…
コメント:0

続きを読むread more

始動

新チームも始動です。 練習試合が今日から開始。 初戦の相手は、上伊那No1チームです。 中3が居ないチームで、この1年全員がレギュラーで練習試合と公式戦を経験してきた、経験値No1チーム。 新チームの人数も我々よりも多いです。 今日の初戦、主戦の投手には、課題を出します。 今日は、ストレートだけで抑える事。 投球の…
コメント:0

続きを読むread more

人生に余裕ないぞ

『間』って凄く大事です。 守備もバッティングも。 内野のゴロ捕球での『間』は重要です。 ただ、伝えるのが難しい。 バウンドの合わせと、捕球時の右足に載せるタイミングと入り方です。 余裕のある捕球と言ったらわかりやすいのかな? 大会の前週あたりに、中3相手にビニールハウスでゴロ捕球を確認しました。 手で転が…
コメント:0

続きを読むread more

ラストミーティング

中体連終了後、中3とのお別れのミーティングがありました。 中1、中2の代表者のコメントの次に、中3生が一人ずつ語ってくれました。 それは、この大会の勝敗や成績の事ではなく、中学部活で学んだ事、先生や保護者への感謝の気持ち、後輩への期待など、など。 素晴しいコメントばかりでした。 この夏、練習試合が終った後もバタバタ時…
コメント:0

続きを読むread more

丸の走塁

昨日、久々に早めに帰宅できたので、プロ野球をTV観戦できました。 といっても、ジャイアンツの8回表の攻撃からです。 無死1-3塁、1走坂本、3走が丸、打者が岡本の場面でした。 得点は3-2で巨人リードです。 阪神の守備体形は、中間守備です。 この場合、守備はどう守るのでしょう? 狙いは、本塁突入を阻止しながら…
コメント:0

続きを読むread more

ピーキング

中体連で準優勝できたのは、いくつか要因があるのですが、大きかったのはエースのピーキング。 ピーキングとは、運動選手などが、大切な大会へ向けてコンディションを最高の状態にもっていくように、調整することです。 エース君、6月の活動再開から練習試合をしていたら肘を痛めて、ノースローや変化球の制限をしてました。 この静養がうまく…
コメント:0

続きを読むread more

ラストゲーム

引退試合に立ち会えました。 昨年は、中体連の南信大会の初戦に敗退。 その日だけは、外せない仕事があったため中3の最後の試合を見る事もできず、試合後に選手達が語った言葉も聞けず、 自分からのメッセージも伝えることができませんでした。 昨日は、そんな意味では最終戦を共に戦うことができました。 中3の選手達は、中学野球の3…
コメント:0

続きを読むread more

準優勝

なんと準決勝に進出。 そして準優勝できました。 準決勝の対戦相手は、先週、完敗した相手。 この日、エースの制球も良く完封。 決勝も、1-2で接戦となりましたが、こちらも先月の練習試合で完敗した相手に互角の戦い。 中3最後の大会、勝っても負けても引退の試合。 2日目、そして決勝進出とモチベーションを維持できる勝ち上がりと試…
コメント:0

続きを読むread more

選手に感謝

中体連できました。 結果からいうと、勝つことができて明日は準決勝です。 0-0で特延、そして9回で勝つことができました。 相手チームは初戦完封したエースが、そのまま連投してきたんですが我々は得点できず。 対戦相手の投手は、16イニングを完投です。 最後、打席に入って右手がつってました。 リスペクトします。 我々のチーム…
コメント:0

続きを読むread more