少年野球は難楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS 強行

<<   作成日時 : 2018/09/25 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



ロータリーの決勝は、接戦で延長になっちゃいました。
勝つと、最後にタイムリーを打った打者がヒーローになったりしますが・・・。
前半に、得点機を逃しました。
スクイズを小フライ。
準決で打ったイメージがある打者に期待して、強行して無死3塁が2死3塁に。
選手は、信頼しても信用してはいけません。
ある部分、非情になって責めないと、得点機を逸します。
1死3塁で、3塁前にセーフティーしたら・・・って我々が思っていても、選手はサインが無いと、自由に打ちます。
打ちたいのです。
そして、打つ自信があって、打席に入っているんです。
自分もそうでしたが、打つイメージで打席に入ってますからね。
打てそうもないから、セーフティーって発想はないです。
我々は、足が速いから、1死3塁で、3塁前にセーフティーの方が安打の確立が・・・って考えてしまいますが、
選手の心中は違います。
これは、いつまでたっても解決できません。
なので、勝つためにサインで指示するしかないのかも。
この大会で、変に打ちゃって、得点できちゃったので細かい攻撃ができなくなる恐れが・・・。
良い投手が相手で、ロースコアで確実に進塁させて、得点できるパターンも引き出しに入れておきたいです。
画像

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
強行 少年野球は難楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる