少年野球は難楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS 「そこそこやるか、そこまでやるか』

<<   作成日時 : 2018/11/26 22:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

愚息から借りた本の紹介。
パナソニック専務から高校野球監督になった男のリーダー論
鍛治舍 さんの本です。
お勧めします。
鍛治舍さん、サラリーマンながら中学硬式野球の指導者、そしてNHK甲子園解説もしてました。
仕事と野球を両立させ、会社を辞めてからは、高校野球の監督へ。
今年から、母校の県岐阜商へ・・・。

自分も、サラリーマンですが、『そこまでやるか』 でないといけません。

内容紹介
「上に立つより、役に立つ!!」
ことばは、人を動かし、組織を動かし、自ら動くきっかけにもなり得る。
監督就任わずか3年で熊本・秀岳館高校を甲子園3季連続ベスト4に導いた男の格言集。
指導者・ビジネスマン&ウーマン、必携の書!?
ことばで紡ぐ「育て、育てられ」

第一部
小事は大事~野球とビジネスの最前線で袋小路に入った私を救ったおやじさんのひと言。
こころ洗われる美しいおじぎと眼鏡の奥の笑っていない目。
二兎を追って、二兎を得られることもある。
窮地に陥ったときには、自らの体験の中から答えを導き出す。
感情は殺さなくていい。コントロールせよ。
修羅場に強いのは個人の力だ。
わずかな可能性があれば前に進め!! そこには必ず未来に通じる道がある。
慣れは往々にして隙を生む。
空は曇っていても、太陽がなくなったわけじゃない。
目の前の試合に集中せず、先を見る指導者は、そこで敗れ去る。
小事をなせずして、大事がなせるか!!?
報告は、悪い情報ほど最優先、より早く!!?
先憂後楽(せんゆうこうらく)。
感動の繰り返しと勉強の積み重ねで、自分という作品ができていく。
戦わずして勝つ~先んずれば、こころ通ず~
苦境に立たされたトップは、褒めたたえて支える。
希望は絶望の淵から生まれる。

第二部
3年で日本一を目指す~高校野球の監督になる!
3年で日本一を目指す。
長靴を買いなさい。
夢を数値化する。
一人では何もできない。だけど、一人が始めないと、何も変わらない。
ほほえみ返し。
衣食足りて礼節を知る。
三歩進んで二歩下がる。
戦わずして勝つ~黄色いブランド戦略の効用~
上に立つより、役に立つ。
人の生き方は2種類しかない。そこそこやるか、そこまでやるか!! だ。
顔晴(がんば)る。
成功を、イメージする。
失敗体験こそ、人生の宝物だ。
視点は高く、視野は広く、視座は深く。
練習は、日常生活にあり。
利他のこころを育む。
四面楚歌の先に僥倖(ぎょうこう)あり。
戦略とは相手の常識の盲点を突くこと。
退路を断って、希望の灯をともせ。
51対49の決断。
自主、自立、自治。
妻は、戦友

熱意は伝播する
「鍛治舎語録」。どうしても、紹介したい。
「3年で日本一を目指す。長靴を買いなさい」。14年4月に秀岳館に就任した際の第一声。「雨でも外で練習する、休みはなしだ」と付け加えたが、毎週水曜日に完全休養日を設けるなど、計画的に選手を鍛えてきた。
「黄色は足が速く見えるから」。14年4月の監督就任と同時にアンダーソックスの色を以前までのグレーからイエローに変更。パナソニック勤務時にグローバルブランド担当をやっていたため、選手、関係者に対しても説得力あり。
「頑張って成果が出れば自信になる。頑張らず、成果が出ないと悔いが残る。頑張って成果が出なくても失敗が残る。失敗は若者の特権だが、このチームは失敗は少ない」。秋の九州王者としてセンバツの出場が決まり、春まで残りの期間の目標、スキルアップ、スケールアップ、センスアップの「3S」を掲げる際の一言。
「そこまでやるか、そこそこやるか。入り口でいいことを言っても出口が大事」。春初戦までの練習量を問われた際の一言。
「試合をすればするほど丸裸にされるのが高校野球。目の前ではなく、先のことを見据えた監督は必ず、そこで負ける。甲子園は甘くない」。NHKの高校野球解説者として「2、3000試合は見た」という自負からの言葉。甲子園練習では自慢の打撃を一切見せず、守備練習のみ披露。
「自主、自立、自治。台形なのか逆三角形なのか、早く対応しなさい」。甲子園での主審のストライクゾーンを初打席に立った際に自らどの形かを考えて、実践しなさいと指示。
「感情は、押し殺さなくていい。コントロールしろ。成功するまで辞めないこと」。投手陣へのアドバイスを問われ一言。
「うちのチームにカラーはない。カラフルに。無理しても無茶はさせない」。先発完投型投手は作らず、左右5枚看板で春登場。「野球人生はまだ長い。故障させたらかわいそう」との理由もあり。
「日常生活でミスが出ると野球でもミスが出る。素直さを失ったら成長は止まる。上に立つより役に立て」。野球部のモットー「6S」を掲げた。頭文字がすべて「S」の整理、整頓、清潔、しつけ、清掃、スマイル。
「最短より最速。腕ではなく軸回転で振れ」。1回戦・花咲徳栄(埼玉)戦でプロ注目左腕・高橋昂也対策でのナインへのバットスイングの指示。
「猛打のあとに貧打あり。春はノリ、夏は実力。ただ、ノリはいいです」。2回戦・南陽工(山口)に16−0で快勝後のイケイケの一言。
「素晴らしいゲームに感動しています。よく打ってくれた。大したもん。データ以上に、もう気力です」。準々決勝・木更津総合(千葉)戦での9回2死からの同点劇、そして劇的サヨナラ勝ちを収めた「鍛治舎チルドレン」をたたえる試合終了後の第一声。目は真っ赤で、声はうわずっていた。
「気負いも高ぶりもない。阿蘇山よりも燃えたぎる情熱を胸に力を出せば結果は出ます」。4強入りを決めた翌日の練習前の一言。泰然自若の構えの中にも熱い胸の内をちらつかせる。
「甲子園で勝ちたい人は熊本を出る、甲子園に出たい人は熊本に残る」。今年4月には新1年生28人が入部予定で、うち3分の1は熊本出身者というが、熊本県の高校野球の現状を聞かれ、ぴしゃりと一言。
「バント練習もしとかなきゃなあ」。準決勝・高松商(香川)戦に延長11回で2−4で敗退。9回の犠打失敗を悔やみ一言。練習の大半がバッティング練習のみで、16年に入って、ほぼバント練習はしなかっただけに、ポツリ。
「がっぷり四つで負けたら仕方ない。夏に向けてのスタートだ」。準決勝・高松商(香川)戦に延長11回で敗退。気落ちするナインに「何て声をかけてあげるんですか?」と問われ、一言。

画像







そこそこやるか、そこまでやるか パナソニック専務から高校野球監督になった男のリーダー論 [ 鍛治舍 巧 ]
楽天ブックス
パナソニック専務から高校野球監督になった男のリーダー論 鍛治舍 巧 毎日新聞出版ソコソコヤルカソコマ


楽天市場



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「そこそこやるか、そこまでやるか』 少年野球は難楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる