少年野球は難楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS 攻守交代

<<   作成日時 : 2019/01/09 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去年の上伊那ベースボールサミット。
大利さんの講演で、甲子園の攻守交替は80〜85秒との話しがありました。
何故、攻守交代を全力疾走で行くのか? って話も。
いち早く、守備位置について、ポジションからの景色を見る事。
早く、ベンチに戻って相手投手を分析すること。
要するに、早くたくさん準備する時間を作ること。
そして、準備できる習慣を作ること。
これが攻守交代を全力疾走なのです。
自分も、面倒な事をしっかりすることが大事ですし、なにより応援してくださる方を気持ちよくさせます。
攻守交代が早くて、試合展開や試合時間が早い、中高野球は好きです。
社会人や、プロ野球、BCリーグの試合を見ているとイライラします。
夏に、大学野球を見たときも、間延びした野球に退屈しちゃいました。

ということで、攻守交替の全力疾走と、投手のストライク率を上げて、ストライク先行。
さらに、打者のファーストストライクを狙う姿勢は大事にしたいです。
小中の野球だと、投手の制球が悪い場合は、待つことで四死球がでたり、疲れさせて後半に・・・っていう戦術もありますが、
基本、好球必打で良いと思います。
中学野球も、上位大会になったり、好投手だとツーストライク後は、アウトローのストレートか、
外に逃げる変化球がおおくなり、制球が良いので打率が極端に下がります。
選手の個性や、考え方を強制することはしませんが、積極的な姿勢は伝えたいですね。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
攻守交代 少年野球は難楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる