1点あげるシフト

昨日の決勝。
2点リードの終盤。
1死2-3塁のピンチ。
打者は3番です。
1点あげるように、内野を下げました。
良くやるのがが、前進守備して3失点、炎上します。
この日は上手く行きました。
内野を下げたことで、相手も仕掛けず内野フライ。
前進だったら、内野の後ろに落ちていたかも・・・。

前進守備は、本当にゴロは抜けるし、フライがポテンになりやすいんです。
リスクがあるので、ゆったり守るといい結果に繋がることが多いです。
結果論ですが、余裕を持った守りが好結果を生むことも多いです。
打順が3番だと、さらに内野を下げないと打率があがります。
試合後に、相手の監督先生と会話。
前進なら、仕掛けていたかも・・・とのこと。
下げてたんで、1点はもらって次のもう一点を・・・って考えてたら内野フライ。

1死2-3塁にしたのは、大きな反省です。
1死1塁から、前の打席に大きな当たりで安打された打者に、さらに長打を打たれたんです。
バッテリーも問題ですが、ベンチを含めてのポジショニングのミスです。
センターに指示出してたんですが・・指示の声が届かず。
球場で、さらに応援があるとベンチの声が直接届きません。
内野の中継か、プレート外させて、捕手から指示させないといけませんでした。
「まあいいか」、は後悔することが多いです。

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック