少年野球は難楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS サインミス

<<   作成日時 : 2019/05/22 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


選手のサインミスや走塁ミスを良く日記に書きますが、自分もサインミスが良くあります。
先週末の土日もありました。
土曜は、「あれ?」って思って、ベンチに戻った選手に聞いたら・・・自分が勘違いしてました。
これは、問題にならない小さな間違い。

日曜日は、大きな間違い。
1死3塁のチャンスで、サインプレーをしたんですが・・・・選手が意図と違う動きを・・・??
あれ? ということで攻撃タイム。
走者と打者を呼んで、確認すると・・自分の勘違いでした。
改めて仕切り直しです。
おっと、危ない危ない。
サインの数が多いので、自分が間違えることがあります。
中3の引退後の試合ではサインを出してましたが、サインは盗塁、バント、エンドラン程度でほとんどサイン出しませんでした。
しっかり、準備と確認をしとかないといけませんね。
今年は、野球脳が発達した選手が多いし、能力もあるので、いろんな攻撃パターンができるんです。
しかも、それをしっかり実現できるんで、自分の引き出しやポケットにある戦術がどんどん試せて使えています。
でも、選手の得意不得意に合わせて、戦術を決めてサインを出すので、試合だけでは試せません。
日曜日も試合後にグランドに戻って、中3だけのケース打撃。
エンドランやいくつかのサインプレーを全員でやって走塁と打撃と守備練習をしながら得意種目や不得意なプレーを探ります。
スクイズが良いか、エンドランが良いか? ってあたりも重要です。
バントがフライになりやすい選手。
空振りや内野フライの多い打者って、傾向も重要です。
試合では、なかなか機会が少ないので、ケース打撃は自分の中でも重要視してます。

ps:そうそう、日曜日は守備タイムも取ってみました。
最終回4点差あって、長打が出て1死2塁の場面。
守備タイムって、早めにとるのがセオリーなので、マウンドへ。
「一度、来てみたかったんだ!」と冗談を言いながら
1点あげて、アウトを積み重ねることを徹底しました。
タイムを取ると、見ている方は間延びしますが、自分が当事者だと必要な「間」や「確認」なんです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サインミス 少年野球は難楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる