アドレナリンと冷静さ


先週の南信大会の準決勝。
1死満塁でボールカウント3-2がありました。
出したサインはエンドラン。
ボールなら振らずに、押し出しですが、迷いも出ます。
フライや空振りならゲッツーになる、チャンスですが、リスクのある攻撃のチョイス。
打者によって、サインや戦術は変わります。
この時の打者は、小技ができて、バットコントロールが良いので、信頼してのエンドラン。
結果は、ボテボテのゴロを打ってくれました。

戦術と言えば、公式戦の本選って本当に怖いです。
選手のアドレナリンが凄すぎて、冷静な状況判断ができないケースが多くありました。
例えば、2死3塁でボールカウント3-2。
3走が、本塁へ突入してくるんです。
満塁のボールカウント3-2ならわかるけど・・2死3塁では、四球でタッチアウトです。
1回目はファールだったんで、大声で伝えたつもりでしたが・・・やはり同じ動きをしてました。
他にも、無死1塁でバントのサインを出したのに、盗塁する選手。
ファーストが早く、前進したからかな?
本人は、「サインは分かっていたけど、走っちゃった」との事。

自分も一度、アウトカウントを大声で間違えて、ベンチの選手に訂正されました。
自分もテンパっていたかもしれません。
そんな意味でも、アウトカウントを指で出したり、声で出すことで自分のミスも防げることがわかりました。
画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック