自覚提言


日曜日の中2の試合。
スコアブックからしか、1試合目の様子を推測できないので、
個々に選手にヒアリングを実施。
「今日はどうだった?」
投手や打撃の様子を聞きます。
投手の様子は、本人のコメントだけでなく、捕手から聞くのが一番わかり易いです。
本人は、良かったと言ってても、捕手は冷静にイマイチと教えてくれます。
沢山投手が居るのですが、なかなか柱が無いというか、当日投げてみないとわからない投手が多くて
困っています。
悪いなりに、ゲームを作ってくれる安定感のある投手を育成したいのですが・・・。
指導不足です。
終りのミーティングには、投手の自覚と取り組みを促しました。
野球は、投手で70~80%勝敗が決まる。
それだけ、投手の責任は重い。
一方、投手はヒーローでもあり、勝利の立役者でもある。
投手候補、投手を目指す選手は、人の倍練習しないといけません。
野手と同じように、部活でノック受けてたら、投手として成長しません。
ブルペンに入って、課題を持って投球練習が必要です。
ストレートや変化球の制球を磨くこと。
セットポジションやクイックの習得、牽制の練習。
やることは沢山あります。
コントロールを付けるためには、下半身の強化が必要ですし、
長いイニング投げるには、体力や持久力も必要です。
そのために、ショートダッシュを繰り返したりするメニューも必要です。
自宅でも、素振り以外に、シャドーをしたり、体幹トレーニングもして欲しいです。
人と同じように練習してては、投手になれないしなる資格もありません。

そういえば、ある中2に本音を聞いたら、家での素振りはほとんどしてないとのこと。
何故、打てるのか? 不思議でしたが、今のところそれなりに打てているから、自主練しないのかもしれません。
センスや体格でチームメイトより優位に立てているのは今だけなんです。
本当の敵は、チーム内でなくて県内の他チームなんです。
いえいえ、最大の敵は、「自分自身」で自分に負けちゃって、努力できないんですね。
早く気付いて、自分のために努力できる人になって欲しいです。


IMG_4585.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント