伸び伸び


昨日の中2の練習試合は、初めて1日2勝できました。
練習試合の勝率が悪い我がチーム。
意識的に、強豪チームと試合を組んでいる影響はあります。
練習試合は、本当はレベルの高いチームと対戦した方が、効果的なんです。
でも、申し込まれたのを断ることもできないので、都合よくいかないのです。
ただ、意識的に新チームで良さそうな所にアプローチしたりはします。

昨日は、自分は中1の試合を2試合消化した後に、中2に合流。
1試合目は下伊那のシード校に辛勝したとのこと。
前日に連敗してたり、前週も勝った記憶がなかったんです。
2試合目の途中に合流したので、選手にイジリを入れます。
「1試合目、俺がいないかったからノビノビできて勝ったんだな?」
「・・・・」
「この試合、俺が来たから負けそうなんだ?」
自分が到着した時は、2-3で劣勢だったんです。
そこから、なんとなく逆転して、連勝できました。
投手が、そこそこストライク先行してくれると、四球もエラーも少なくなります。
そうすると、2~3点に失点を抑制できます。
打撃の方は、四球やバント、エンドランを使って、走者を出しながら赤いボールペンで記入できる
タイムリーが出たり、走者を置いての長打が出ると、3~4点取れてゲームになります。
本当は、1試合1失点くらいにしたいのです。
どうしても、先頭への四球から失点に繋がることが多いですね。

ps:自分が居ると、チームや選手が委縮して、本来のパフォーマンスが発揮できない事は無いか?
それは、気にしていくつもりです。
なかなか、自身では気付けないかもしれませんが・・・。
自分が気を付けているのは、練習や練習試合では、本気で指導して、時には大声で叱咤します。
大声や叱咤することで、問題の重要性を認識させ、チーム内に浸透させたいのです。
練習試合でも、エラーは叱らないし、三振も怒りません。
ただ、サイン見逃しや、カバーリング忘れ、凡打の後の走り方などは、厳しく指導。
そして、公式戦では別人の様に、善人になって選手にプラスの言葉をシャワーして、マイナスの事は言いません。
ただ、元気が無かったり、やる気が見えないと喝を入れますが・・・。


IMG_4589.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント