「実践! ペップトーク 」

先日、講演を聞いた浦上大輔さんの本を読み終わりました。
「実践! ペップトーク 」です。
講演会では、2種類の本があって、
「たった1分で相手をやる気にさせる話術 ペップトーク」ってのもあったんですが、
講演でお話のあった、少年野球チーム「旗の台クラブ」の話が掲載されている、
「実践! ペップトーク 」を購入したんです。

なかなか、当たりの本でした。
講演を聞いた直後だからかも・・・。

なかなか、認知されていない「ペップトーク」
プロテニスプレイヤー大坂なおみ選手の活躍で注目されたコーチの言葉がけ。
元コーチのサーシャコーチの指導法の良さは、前向きな言葉で大坂なおみ選手のモチベーションをあげたところ。
この指導法がペップトーク。
そもそもペップトークとは、
・ポジティブな言葉で
・相手の状況を受け止め
・ゴールに向かった
・短くてわかりやすい
・人をその気にさせる言葉がけ
です。
櫻井翔出演のドラマ「先に生まれただげの僕」でペップトークが取り上げられ、
「下町ロケット」でもペップトークがたびたび見られたらしいです。
言葉が変わると気分が変わる
・力を発揮しやすい言葉
「絶対できる」「ありがとう」「サイコー」「楽しい」
・力を発揮しずらい言葉
「ムリだ」「疲れた」「めんどくさい」「難しい」
力を発揮しずらい言葉、使っちゃういますよね。

先週の日曜日の朝、選手を集めて「ペップトーク」の話をしました。
まず、指でリングを作っての「俺はできる!」と「もうダメだ!」の
力の入り方を違いを二人一組で実践。
その後、朝礼でのハッピースパイラルで、プラスの言葉を使うトレーニングをしていることを説明。
大会や試合で、ポジティブな言葉で仲間や自分を励まして、パフォーマンスを上げるためにやっている事。
冬のトレーニング、辛い練習でもポジティブな言葉で励ますことで頑張れる事。
ポジティブな言葉で練習のパフォーマンスを上げる事。
などを伝えました。

では、少し本の内容を紹介。
ペップトークとは、
もともとアメリカのスポーツ界から生まれた試合前に監督やコーチが選手の緊張をほぐし、
やる気に火をつけ、最高のパフォーマンスを発揮できるようフィールドに送り出す話術です。

そして、このペップトークを リーダーや指導者、教師、親などが
相手を励ましたり、やる気にさせたりする話し方として日本で体系化したのが、本書の内容です。
このペップトークを使って、 大きな変化を遂げた事例がたくさん出ています。

◎言葉がけを変えて、わずか4カ月で優勝してしまった
少年野球チーム「旗の台クラブ」
◎言葉の力でどんな課題も解決できるチームに変えた
「ITサービス会社のK部長」
◎ペップトークの実践で職員、保護者、子どもに
一体感が生まれた「やままえ保育園」
◎言葉がけひとつで職場の上司・同僚を
ポジティブに変えた「大手メーカー営業企画の女性」
◎相手を褒め、自分を褒めることで復活を果たした
「元・テニスプレーヤー本多好郎さん」
◎宿題ができずやる気をなくしている小学2年生の弟を
やる気に変えた「小学5年生の姉」
◎感動のペップトークで保護者たちの行動を変えた
「PTA会長・庄司和孝さん」

こうした数々の成功を生み出している
ペップトークの構成はとてもシンプルです。

❶受容(事実の受け入れ)
❷承認(とらえかた変換)
❸行動(してほしい変換)
❹激励(背中のひと押し)

以上の4つの流れで、相手を励まし、
やる気に火をつけていきます。
たとえば、大事なプレゼン前に緊張する部下に対して、
本番直前に、こんなペップトークで励まします。

❶受容(事実の受け入れ) いよいよ今日は大事なプレゼンの日だね。
不安そうな顔しているけど大丈夫?
❷承認(とらえかた変換)
でもね、それって君が新しい一歩を
踏み出そうとしているってことなんだ。
その一歩のためにしっかり準備してきたじゃないか。
❸行動(してほしい変換)
とにかく自分を信じて、
お客様に君の思いを伝えてこよう
❹(背中のひと押し)
さあ、新しい一歩を楽しんでこい!

また本書では、こうした仕組み以外にも、
・言葉をポジティブに変えていくポジティ語変換
・相手を励ますの前に自分自身を励ますセルフペップトーク
・大勢の前で行動をうながすビジョンペップトーク
など、実際にペップトークを使うための
実践的な方法も解説していきます。

まさに本書がゴールとする
“ペップトーカー"になるための1冊です。
この本で、あなたの職場、家族、学校、スポーツ現場など
さまざまなシーンで劇的な変化を遂げることでしょう。
DSC_0950.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント