大人の野球


中3と試合をしてくださったチームは、地元のクラブチームです。
皆さん、働かれておられ、趣味で野球チームに所属してプレーされている方ばかりです。
13時の試合開始でしたが、早い方は11時過ぎに到着されて準備されてました。
また12時前には、各自が自分のルーティンでアップをされて、12時にはキャッチボールを開始してペッパー、ノックと進んでました。
一方、中3メンバーは12時集合してそこからアップだったんで、少し準備不足だったのかな?
知り合いの方とお話ししたのは、大人の選手が自分のペースで、必要なウォーミングアップをしている姿って、凄く大事だし、
中学生に見て欲しい姿だとお話ししました。
40歳を過ぎて、50歳に近い年齢の方が、投手や捕手をできるのは、日々の鍛錬と準備を行っているということです。
怪我を防止したり、故障を防止するのは自己責任なんです。
若い選手は、アップ無しでも動けるし、故障も少ないのでアップの必要性を感じなかったり、意味や意義も希薄なんですが、
スポーツ選手、アスリートにとって体の準備を自分でコントロールする事を学ぶことは大切です。
試合中でも、試合に必要な掛け声、励まし、注意などなど、保守や内野手、ベンチから自然に発せられるんです。
野球人としての経験を積んだ方々との試合、凄く勉強になります。
市民体育祭などに出て、マナーや態度の悪い野球人やチームを見たり対戦することもありますが、
こうした中学生の見本になる野球ができるチームと試合ができることは財産です。
中学生同士の試合だけでなく、色んな選択肢を検討していきます。
何より、中学生のボールがM球になって大人と同じ規格になったこと、これが一番大きいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント